« 二重まぶたで一生いたい | トップページ | 男性が二重まぶたにするには »

二重まぶたの手術はそれほど危険性はありません。

二重まぶたの手術はそれほど危険性はありません。
特に埋没法はメスを使わないので、二重まぶたが気にいらなければ、もとに戻すことはできます。
ただそれ以外のところで注意が必要です。
例えば、手術を受ける前にしっかりと料金面を確認しておかないと、法外な料金を請求されたりすることもあります。
また埋没法とはいえ、医師の腕が未熟だと傷が残ってしまうということもないわけではありません。

二重まぶたは現在、手術や化粧品で気軽に手に入れることができるようになりました。
しかしせっかくの二重まぶたも、目を酷使していては何の役にも立ちません。
自分の目を大切にしながら、二重まぶたを楽しむことが大切です。

埋没法とは違い、切開法はメスでまぶたを切りますので、しっかりとクリニック、医師を選ばないといけません。
メスを使用する以上その病院の評判や、医師の評判などを自分自身で調べる必要はあります。

遺伝の中には、優性遺伝という言葉があります。
これは遺伝子の中にある性質が現れやすいか現れにくいかを示す言葉です。
現れやすい性質を優性遺伝。
現れにくい性質を劣性遺伝といいます。
二重まぶたや一重まぶたなどは優性遺伝といわれています。

二重整形するためには埋没法や切開法などの方法以外にも、更に簡単にできる方法があります。
それは化粧品により二重まぶたに見せかけるものです。
よく知られいぇいるのが、『アイプチ』と呼ばれるものです。
『アイプチ』は一重まぶたから二重まぶたにするための化粧品です。

|

« 二重まぶたで一生いたい | トップページ | 男性が二重まぶたにするには »

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1051646/24145464

この記事へのトラックバック一覧です: 二重まぶたの手術はそれほど危険性はありません。:

« 二重まぶたで一生いたい | トップページ | 男性が二重まぶたにするには »